2014年10月08日

神楽坂に新しいスポット誕生!「la kagu(ラカグ)」

141008_01.jpg

今日は皆既月食ですね!

日本全国から見えるのは約3年ぶりだとか!

皆既月食のはじまりは、19:24分過ぎ、

最大は19:54分過ぎの予定だそうですよ!

楽しみですね!

さて、楽しみといえば、当協会とサロン「ヘッドマ」のある飯田橋から歩いていける神楽坂に

新たなスポットが10月10日誕生いたします。

そのスポットの名は「la kagu(ラカグ)」

神楽坂には新潮社があるのですが、その新潮社とロンハーマンやAfternoon teaなどライフスタイルを提案するサザビーリーグによる商業施設です。

場所は東西線の「神楽坂駅」の目の前。

もともと新潮社の倉庫だった場所を改装した施設で、設計は、歌舞伎座などを設計した隈研吾建築都市設計事務所が担当。

コンセプトは、「REVALUE(リバリュー:再評価)」ということで、隈さんが倉庫の外観をそのまま残そうと言って、その前にウッドデッキの大階段を作られたそうです。

これまで日本人が受け継いできた価値観や、センスのよい暮らしを提案しようというもの。

141008_02.jpg

この「la kagu」、面白いなぁーと思ったのは、キュレーションストアということ。

一般の商業施設のように、各ブランドがお店を出すということではなく、

それぞれの分野で活躍されているキュレーターが商品のセレクトからディレクション、マーチャンダイズまで担当しているそうです。

生活雑貨のキュレーションは、スタイリストの岡尾美代子さん。

家具のキュレーターは、北欧のヴィンテージを扱うインテリアショップ「Haluta」の大井智史さん。

フード部門は、鎌倉の人気店「LONGTRACK FOODS」の馬詰佳香さん。
珈琲は、鎌倉の名店「カフェ・ヴィヴモンディモンシュ」の堀内隆志さんが焙煎するそうです。

メンズファッションは、フリーランスでファッションを軸にあらゆるディレクションなどをされている田中行太さん。

ウィメンズファッションは、ユナイテッドアローズのディレクターの安藤桃代さん。

ということで、こういうキュレーターに注目した商業施設は珍しいですね♪

そして、新潮社ということで、もちろん本もあったり、作家さんと触れ合える場所でもあり、作家さんの対談や本にまつわるイベント、神楽坂にちなみ落語なども予定されているとか。

残念ながらもうすでにほとんど完売ですが(>_<)

例えば、

10月15日は、角田光代さん × 河野丈洋さん

10月17日は、よしもとばななさん × 平松洋子さん

10月21日は、蜷川幸雄さん

11月13日は、宮部みゆきさん

などなど。

なかなかお会いする機会もないかと思うすごい方ばかりなので、本好きの方にもたまらない場所になるかと思います(*^^*)

また、ファーマーズマーケットでは、

江戸東京野菜の「大塚農園(東京)」
オーガニック野菜の「馬場修一郎農園(静岡)」
皮も食べられる自然栽培グレープフルーツの「自然農園ながさき(鹿児島)」
10kgオーバーの天然まいたけの「棟方青果店(青森)」
などなど。

これもまた魅力的な商品がたくさんありそうで楽しみ〜♪(*^^*)

言葉があふれる楽しい空間になりそうです♪

ということで、神楽坂は歴史ある文学や花街の雰囲気も残り、フランスの文化もあり、今ではスペインだったり各国の飲食店が多いのも、おもしろいところ。

「la kagu(ラカグ)」の名前も、フランスの方が「かぐらざか」と言いにくいそうで、通称ラカグと呼ばれていたところからつけられたとか(^^)

講座の帰りに、ヘッドマで施術を受けた帰りなど、ちょっと歩きますが、神楽坂へ足を伸ばしてみてはいかがですか(^^)

今は、本離れとも言われてますしね。本を読むのにとても心地よい季節ですし♪

新しい出会いと発見に、脳も活性化されるかも(^^)

▼la kagu(ホームページ)
http://www.lakagu.com

▼la kagu(Facebook)
https://www.facebook.com/lakagu.kagurazaka

▼la kagu(Twitter)
https://twitter.com/la_kagu






posted by レインボウ・ライオン at 15:19| Comment(0) | 新宿・文京区周辺のお店・観光スポットなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。